漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

法人のお客様向けコンテンツ(ロシア/CIS・中国との輸出入)

 ロシア 貿易             中国 貿易                     

文字サイズ

サイト内検索 検索

製品の詳細情報


錠剤 葛根湯

第2類医薬品
錠剤 葛根湯

読みかた

かっこんとう

容量

120錠、350錠

特徴

「葛根湯」という処方の生薬粉末を錠剤としたものです。

【関連ページ】相談してみよう カゼ編

効能・効果

体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

「錠剤 葛根湯」は、正規取扱店の店頭で、症状・体質など相談の上ご購入ください。インターネット等による通信販売はしておりませんのでご了承ください。

用法・用量

食前1時間、温湯で服用してください。 
年 齢  1回量  1日服用回数 
大人  4~5錠  3回 

成分・分量

(本剤100錠中) 
日局  ケイヒ末   3.0g  別紙規格  カッコン末  8.0g 
日局  シャクヤク末   3.0g  局外生規  マオウ末  4.0g 
日局  カンゾウ末  2.0g   別紙規格  タイソウ末  4.0g 
日局  ショウキョウ末  1.0g       

使用上の注意

相談すること
1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
 (4)胃腸の弱い人。
   (5)発汗傾向の著しい人。
   (6)高齢者。
   (7)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
 (8)次の症状のある人。
     排尿困難
 (9)次の診断を受けた人。
     高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 
関係部位  症状 
皮膚  発疹・発赤、かゆみ 
消化器  吐き気、食欲不振、胃部不快感 
 
  まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称  症状 
肝機能障害  発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 

3. 1ヵ月位(感冒の初期、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には5~6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。


イスクラ冠元顆粒の公式ブランドサイトです。

お問い合わせはこちら


 

 

 

 



中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談20,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営店のサイトです。




漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。